side-A

BABY・KIDS YOGA COMMUNITY

Womom.

【Woman(女性)】として輝き続けたい
【Mom(ママ)】の為のコミュニティ

[女性]として輝く為の3つの理念

子育てママが[女性]として
輝く為に何が必要か…

「自分自身(ママ)を労ること」

ママの機嫌が良いと子供も何だか嬉しくなる。
特に喋ることのできない赤ちゃんの場合は、ママの心の状態がダイレクトに赤ちゃんの心の状態(機嫌)に影響します。
そして、赤ちゃんの機嫌が良いとママも心身ともに楽になり、余裕が出来るものです。
まずは、今の自分の状態に気づきケアしてあげることが、心身ともに輝くための第一歩☆

「子供との絆を深めること」

お腹にいた時は一心同体だったママと赤ちゃん。
赤ちゃんも「ママ自身」だったはずなのに、産まれた途端に「ママ」と「子供」が別々の存在になり、「子供の為に…」とついつい頑張りすぎちゃう。

子供と一心同体だったあの頃を忘れずに思い出す時間を作ってあげるだけで、ママは「かけがえのない宝物」の再確認。
子供もママのお腹にいた時の安心感を思い出し、何だか温かい幸せな気持ちへと誘ってくれます。

そうやって、ママと子供の絆を深めることが心の輝きを維持することへと繋がります

「ワクワクする時間を作ること」

オシャレをする、美味しいものを食べる、旅行に行く…
着飾る必要はないけれど、想像するだけでワクワクするような楽しい事を実践することが心の更なる輝きへと繋がります

心が最大限に輝いた時、自然と外側にも輝きを解き放ち外側の輝きへと繋がっていく。

Womom.

「自分自身(ママ)を労ること」
「子供との絆を深めること」
「ワクワクする時間を作ること」

「W」をベースに
3つの理念を3本のラインで、
ティアラをモチーフにママの誇りを表現したシンボルです。

代表 Michiko
メッセージ

結婚、出産、育児子供の頃に夢見ていた理想のライフイベントを迎え、女性として充実した日々を手に入れたつもりが、いざ出産を経て育児が始まると、「我が子」という宝物を守るために必死になり、自分のことは後回しにしてしまい、知らず知らずのうちに女性としての輝きを見失ってしまう…

「ママになること」

子供の頃の夢を結婚5年目にしてようやく叶え、「我が子」という宝物を手に入れ始まった育児。
コロナ禍ということもあり、両親学級など開催されないまま育児が始まり、分からないことだらけでした。気軽に相談できる人もいなく、ネットを調べては、たくさんの情報に振り回され、不安で涙することもありました。
典型的なマタニティブルーになり、その対処法も分からないまま、鏡に映った自分に驚いたことを覚えています。心の余裕のなさが、外見にも現れる…改めて感じたことでした。

妊娠、出産、育児それぞれの体験から得た気づきや情報などをシェアできる場所、
不安な時はすぐに相談できる、頼れるコミュニティー、
女性としての輝きを絶やさず、心に余裕を保ちながら、育児に向き合える環境が提供できればと思いWomom.を立ち上げました。

自分の心の状態が子供の心の状態に少なからず直結します。

キラキラ輝くティアラをまずは自分に、

そして、小さなティアラを「我が子」という宝物に捧げませんか?

我が子と共にみんなで成長していきましょう。

そして一緒に育児を楽しみましょう!

たくさんのママと繋がれることを楽しみにしています。

活動内容

対面・ONLINE対応

「自分自身(ママ)を労ること」

ヨガをツールに内側へと意識を向け、今の自分の状態に気づきケアする時間を提供します。

  • 産前産後ヨガ
  • ムーンサイクルヨガ
  • ヨガニードラ

「子供との絆を深めること」

子供と一緒にヨガをする事で、一心同体だったあの頃の感覚へと誘い、親子の絆を育みます。
また子供の感性を磨き、感受性豊かで集中できる力を養います。

  • ベビーマッサージ
  • ベビーヨガ
  • 親子ヨガ
  • キッズヨガ

「ワクワクする時間を作ること」

参加者の「やりたい」を実現し、ワクワクする感覚を取り戻すお手伝いをします。

  • サットサンガ(育児相談会)
  • 子連れランチ会、ピクニック
  • 子連れ旅行、リトリート
  • 育児グッズフリーマーケット
  • 外部講師によるカラーコーディネイト講座など、参加者要望により企画
LINE

LINE公式アカウント

「Womom.コミュニティー」

登録はこちらから


LINE Official Account

お問い合わせ随時受付中
(電話、オンライン対応)

お気軽にご連絡ください。

PAGE TOP